H1テキスト

リーガル池袋法律事務所 │ 池袋駅東口の不動産専門弁護士事務所

  • ホーム
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
03-3980-3093 池袋駅東口徒歩3分

弁護士法人リーガル東京は、銀座駅徒歩3分という立地にあるあなたの身近な相談所です。法律トラブルのご相談の、トラブル予防・契約書作成などのご相談も承ります。さらに税金対策・登記手続・ファイナンス・売却相談等の不動産関連業務の総合サービス相談センターもあります。

  • ホーム
  • 事務所案内
  • 業務案内
  • 弁護士紹介
  • Q&A
  • 解決事例

よくある質問 Q&A

Q1 弁護士が介入して,取引銀行への支払いを停止した場合,口座が凍結されたり,貸付等に影
      響が出ることはありませんか。
A 弁護士が介入して取引銀行への支払いを停止したことで,口座が凍結されたり,貸付等に影響が出たという話は聞いたことがありません。
 
銀行が貴社に為替デリィバティブ商品を勧めたのは,貴社を優良企業と判断したからです。銀行は,貴社のような優良企業の倒産にされては困りますし,今後も貴社との取引継続を望んでいるはずです。
もしご不安であれば,弁護士法人リーガル東京池袋法律事務所の弁護士が,取引銀行に直接赴き交渉いたします。
   

Q2 事件受任をお願いした場合,どのくらい時間がかかりますか。
A まずは,貴社から事情をお聞かせいただき,商品自体や販売方法の問題点を抽出した上で,金融ADRを申し立てるか,民事訴訟を提起するかの選択をします。
金融ADR申立の場合,一般的には、申立から解決まで早ければ1~2か月程度,遅くても4か月程度で終了します。民事訴訟の場合は,最低でも1年~2年ほどはかかるものとお考えください。


Q3 初回相談の際に,何を持っていけばよいですか。
A  まずは,商品自体の問題性を把握・分析する必要があります。
①為替デリィバティブ取引についての銀行との契約書②為替デリィバティブ商品説明書やパンフレット③その他,為替デリィバティブ取引についての,銀行のやりとりなどが分かる資料をご持参ください。

 

 為替デリバティブに関する記事はこちら


為替デリバティブ被害でお困りの皆様へ

リーガルに依頼をする3つのメリット

よくある質問 Q&A


Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.